プラーク(歯垢)とは

ご飯を食べたあと、歯の表面やすき間に残った食べ物のカスは、数時間で黄色くネバネバした細菌のかたまりに変化します。これがプラーク(歯垢)と言われるものです。

プラークの中には、虫歯や歯周病、口臭の原因となる菌が含まれているため、適切に除去することが必要です。

今回は、プラークを取り除いて口の中を清潔に保つ「プラークコントロール」の重要性についてお話いたします。

プラークコントロールはなぜ必要か

歯には「食べ物を咀嚼する」以外にも、「表情を保つ」「思った通りに発音する」「体のバランスをとる」などの重要な役割があります。
プラークコントロールを怠ると、虫歯や歯周病の他、身体にさまざまな悪影響が生じやすくなります。

特に歯周病には注意が必要です。
歯周病を放置すると、糖尿病や癌といった大きな合併症につながる可能性があるからです。

身体の健康を守るためにも、虫歯や歯周病から歯を守る「プラークコントロール」を適切にして、お口の健康を維持していきましょう。

それでは、家庭や歯科医院における「プラークコントロールの方法」をご紹介していきましょう。

家庭で行なうプラークコントロールの方法

プラークコントロール

歯ブラシによるブラッシング

口の中に残った食べ物のカスを除去する手段の中で、もっともスタンダードなのが「歯ブラシによるブラッシング」です。
精度の高いブラッシングは、プラークコントロールに有効です。

しかし歯並びが悪い場合や、ブラッシングの方法が正しくない場合、使い古された歯ブラシを使っている場合などは、プラークが落としきれないこともあります。

デンタルフロス・糸ようじの使用

歯と歯の間は、プラークがたまりやすい場所です。
ブラッシングだけでは落としきれない汚れは、デンタルフロスや糸ようじなどを使って取り除く必要があります。

関連リンク

デンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシの効果的な使い方

マウスウォッシュ・液体歯磨きの使用

プラークコントロールには、殺菌作用のある「マウスウォッシュ」や、「液体歯磨き」で口をすすぐことも効果的です。

「液体歯磨き」はその名のとおり、歯磨き粉の代わりにブラッシング前に使用します。
「マウスウォッシュ」(デンタルリンス、洗口液)はブラッシング後に使って口をすっきりさせるためのものです。

注意したいのは、どちらも歯ブラシによるブラッシングの代わりにはならないので、必ずブラッシングをすることが重要です。

歯科医院で行なうプラークコントロール

スケーラーによるプラーク(歯垢)・歯石の除去

日常のケアで落としきれずに時間が経ってしまったプラークは、唾液の中のミネラル成分と結合した「歯石」へと変化していきます。
その場合は「スケーラー」という、先の尖った歯科医療器具を用いて削り取ってもらうことが必要になります。

スケーラーは市販されていますが、素人が使用すると歯の表面を傷つけてしうことがあるので、歯石が付いてしまったら、必ず歯科医で除去してもらうようにしましょう。

生活改善を実施

歯科医院では、プラークそのものの発生を抑えるため、生活改善の指導をされることもあります。

  • 喫煙を控える
  • 間食を控える
  • 砂糖の入った食品を控える
  • 片側だけで咀嚼する癖を改める

こういった改善を行なうことも、プラークコントロールには有効です。

歯列矯正でプラークコントロールを容易に

歯みがき
お口の健康を守るプラークコントロールには、家庭での日常的なケアに加え、定期的な歯科受診が必須です。

しかし、歯並びが良くない場合、日々のプラークコントロールだけでは対応が難しいのも事実。
歯並びでお悩みの方は、ぜひ横浜市都筑区センター北のアリビオ矯正歯科へご相談ください。
磨き残しができてしまう歯並びを、歯列矯正で改善していきましょう。

アリビオ矯正歯科には、日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医である院長がおります。

「日本矯正歯科学会」公認の専門医がいるアリビオ矯正歯科

当医院の最寄り駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインの「センター北駅」で、徒歩0分。
センター北駅へは、ブルーライン中川駅・グリーンライン北山田駅からなら、わずか2分。
ブルーライン仲町台駅・グリーンライン東山田駅からなら5分で到着するので、通院にとても便利です。

また「センター南駅」からも徒歩13分程度とアクセス良好!
中川駅、北山田駅、仲町台駅、東山田駅などの周辺駅で矯正歯科をお探しなら、アリビオ矯正歯科をぜひご検討くださいませ。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-2-2 ローバーセンター北3階
電話番号:045-489-4900