当医院では、ときどき「ねじれて生えている前歯だけの矯正は可能ですか?」といった相談や、「前歯のすきっ歯だけを治したいのですが」といった相談など、前歯の部分矯正にかんするご相談をいただくことが多々あります。

今回は、前歯だけの部分矯正が可能かどうか、といった問題を検証します。

歯列の一部を動かす「部分矯正」とは

歯列の一部分のみを動かす「部分矯正」のメリットは、全体の矯正治療と比べると安価で、矯正期間が短いこと。その一方で、部分矯正には、かみ合わせ(咬合)の症状を改善しにくいという面があります。

歯列の形状や状態を分析した結果、乱れが比較的軽いと診断した場合は、部分矯正で対応できることもありますが、適応できる範囲は限られています。

軽い乱れに見えても「全体矯正」が必要とされる理由

部分的な矯正治療で改善できるように思える歯並びのお悩みですが、実際は全体矯正が必要なことが多いものです。

よくご相談いただく「出っ歯」を例にとりましょう。
一見軽微な症状に見えても、X線検査で骨格全体を診察すると、上あご全体が前に出ている「上顎前突」が原因となっているケースが多々あります。
この場合、前歯だけに矯正装置をつけて引っ込めても、奥歯のバランスが崩れることで、噛み合わせに悪影響をおよぼすこともあります。

噛み合わせが悪いと、さまざまな健康上の問題をおびき寄せる恐れがあるので、骨格に問題がある場合は、部分矯正ではなく、全顎の歯列を整える全体矯正治療が適切です。

「噛み合わせ」が重視される理由とは

歯列矯正には、審美的に歯並びを整える以外にも大きな目的があります。それは、噛み合わせ全体を改善し、ブラッシングがしやすい(プラークコントロールが適切にできる)歯並びにして、歯と歯ぐきを健康な状態に導くことです。

治療期間の短さ、費用の安さに惹かれて部分矯正を行っても、噛み合わせが悪く、別の箇所に悪影響がおよぶ場合は、適切な治療だとは言えません。

歯列矯正治療は、患者様一人ひとりの症状を分析し、長期的な視点で「正しい噛み合わせ」と「整った歯列」に近づけることが大切です。

部分矯正の関連コラム

部分矯正には充分な配慮が必要です

歯列矯正は「アリビオ矯正歯科クリニック」へご相談を!

部分矯正は、歯列矯正後の後戻りなど、限定的な症状の治療に効果を発揮する方法です。

当アリビオ矯正歯科では、歯並びだけでなく、噛み合わせを整えることで、患者様の歯と体全体の健康を促進したいという考えから、部分矯正ではなく、全体矯正をおすすめしています。

当医院は日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医が診察をいたします。

当医院の最寄り駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインの「センター北駅」で、徒歩0分。
センター北駅へは、ブルーライン中川駅・グリーンライン北山田駅からなら、わずか2分。
ブルーライン仲町台駅・グリーンライン東山田駅からなら5分で到着するので、通院にとても便利です。

また「センター南駅」からも徒歩13分程度とアクセス良好!
中川駅、北山田駅、仲町台駅、東山田駅などの周辺駅で矯正歯科をお探しなら、アリビオ矯正歯科をぜひご検討くださいませ。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-2-2 ローバーセンター北3階
電話番号:045-489-4900