歯列矯正の治療中に急な転勤やお引越しなどが決まってしまったら、どうすればいいのか?
患者様の中にはそのようなお悩みから、矯正治療を躊躇している方もいらっしゃることでしょう。

今回は、転勤やお引越しによる転居でかかりつけの矯正歯科医院への通院ができなくなってしまったときにどうしたらよいのか、その方法をまとめました。

支払い済みの矯正治療費の料金は返金されるのか?

引越しなどによって矯正治療を中止する場合、アリビオ矯正歯科では、治療の進行状況に応じて過剰分となった料金はご返金いたします。
未治療となった部分は、速やかにお引越し先で通院される矯正歯科医院に引き継ぎます。

当医院では、来院毎にかかる調整料金はいただかないので、料金の精算内容はより明朗になっております。
精算料金でわからないことがあれば、気軽にご相談ください。

転居先の矯正歯科医院へ引き継ぎを案内してもらえるのか?

2人の歯科医師

本来、歯列の矯正治療はかかりつけの矯正歯科医による継続的な治療が望まれます。

しかし、通院に高額な交通費が必要となってしまう場合は、引越し先地域の矯正歯科医院で治療を引き継いでもらった方が良いでしょう。
そのためには、現在通院している矯正歯科のサポートが必要です。

当アリビオ矯正歯科医院の院長は、日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医です。
日本矯正歯科学会のネットワークを活かし、患者様が転居先でも安心して治療が受けられるよう、信頼の厚い矯正歯科医院をご紹介いたします。

引っ越し先でスムーズに治療が再開できるように、患者様の症状を記録した治療経過報告書などの資料もご用意いたしますので、どうかご安心ください。

また、留学や転勤などで海外へ転居される場合も、同様に引き継ぎ書類を作成してお渡しいたします。

数ヶ月間の留学、出張、旅行の場合は?

短期留学や、出張、長期の旅行などで数ヶ月間ほど通院ができない場合、治療の段階にもよりますが、2~3ヶ月程度であれば大きな問題は発生しにくいでしょう。

しかし、患者様それぞれの症状や進行状況は異なるものです。数ヶ月のブランクが空く場合は、自己判断せずに矯正歯科医院で診断を受けましょう。