出っ歯や受け口、不正咬合など、さまざまな症状がある中で、患者様が気になっている一部分だけを歯列矯正する「部分矯正」をおこなうことがあります。

  • 出っ歯だけ目立たなくしたい
  • 受け口だけ目立たなくしたい
  • 八重歯だけ引っ込めたい(抜きたい)
  • 斜めに生えている歯だけ真っ直ぐにしたい
  • 上の歯列のすきっ歯だけ隙間を無くしたい
  • 海外転勤・留学の前に気になる部分だけ見栄えを良くしたい

このような「一部だけ」を「早急に」なんとかしたいといった要望にお応えする場合です。

しかし、当医院にご来院いただいて検査・カウンセリングをおこなった結果、部分矯正ではなく全体矯正をおすすめすることが多々あります。

これは一体なぜなのか。今回は「部分矯正には十分な配慮が必要」ということについて、詳しくお話したいと思います。

部分矯正にはメリットもあるがデメリットが大きい

砂時計

当医院で部分矯正治療をする場合、口腔内を6分割し、そのうち一部位の治療を¥150,000(+消費税)という料金設定にしております。
全体矯正の場合は¥650,000~¥900,000(+消費税)という料金設定なので、単純に一部位だけの矯正なら、わずか6分の1程度の値段で矯正できます。

また、矯正期間にかんしても全体矯正と比べると大幅な期間短縮が可能です。
大人の全体矯正にかかる期間は、もとの歯列状況や使用する治療器具によって個人差は出ますが、器具を外すまでの目安はおよそ1年半〜3年くらいとなります。
しかし部分矯正なら半年くらいで治療終了するケースもあります。

このように矯正治療費を安く、治療期間を短くできるのは大きなメリットといえます。
しかし、この「安さ」と「短期間」ばかりを重視すると、のちに大きな代償を払うことになりかねません。

一生付き合っていく歯を「抜歯する」「削る」で本当に良い?

大事なイベント

たとえば上顎の出っ歯部分だけを部分矯正するとなった場合、奥の歯を抜歯したり、歯を削ったりして隙間分だけ奥に移動させる、といった対応が可能です。
しかし、歯との付き合いは一生に及ぶもの
インプラント手術や詰め物などであとから調整することもできますが、元からある永久歯とは違い、定期的なメンテナンスが必要となり、結果的に治療費や通院の手間がかかってしまいます。

噛み合わせ軽視によるリスクの多発

歯

上顎だけを奥の位置に矯正した場合、下顎との噛み合わせが悪くなる、といったケースが往々にして出てきます。

噛み合わせの良し悪しは、前後左右上下すべての歯の位置が影響するものです。
噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になるリスクが高くなり、咀嚼機能の低下や滑舌悪化など、さまざまな弊害が出てきます。
これらの不具合が発生し、それにかかる治療費や通院の手間を考慮すると、部分矯正よりも全体矯正をした方が結果的にはお得である、ということが言えます。

当初は部分矯正をご希望されていた患者様でも、このような理由を丁寧に説明させていただいた結果、納得して全体矯正を受けていただく方が当医院では多数となっております。