歯科矯正というと、少し前まではワイヤー金具を使用した矯正が一般的でした。

しかし最近は、透明で目立ちにくく痛みも軽減され、取り外しも容易な「マウスピース矯正」が登場しております。

今回はそんなマウスピース矯正に関して、患者様がよく疑問に思われる事柄をQ&A形式にまとめました。

マウスピースによる矯正でお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。

Q:値段はいくらくらいするの?

A:矯正治療の料金システムは病院によって異なりますが、当医院「アリビオ矯正歯科クリニック」では初診時に治療費総額をご提示するトータル制を取り入れております。
最初にご提示した以外の料金(いわゆる来院の都度かかる「調整料」など)は発生しませんので、ご安心ください。

治療前におこなう検査料・診断料を合計した金額と、矯正治療費の2つをお支払いいただくことになります。

当医院の場合の料金体系は以下の通りですので、ご参照ください。

治療前の検査料・診断料

  1. 初診相談料…無料
  2. 検査料…30,000円(消費税別)
  3. 診断料…20,000円(消費税別)

マウスピースの矯正治療費

850,000~900,000円(消費税別)

なお、当医院ではご家族お二人目より「割引制度」を導入しておりますので、親子やご兄弟と一緒に通院していただくと、治療費を安くおさえることが可能です。

矯正治療にご興味をお持ちのご家族がいらっしゃる場合は、ぜひご一緒にご利用ください。

Q:マウスピース矯正って痛いの?

A:マウスピース矯正はワイヤー金具の矯正などと比べると、痛みが軽減できる矯正治療です。

ワイヤー矯正は歯の1本1本に直接負荷をかけるのに対し、マウスピース矯正では口腔内全体を少しずつ動かしていきます。

個人差はありますが、炎症が少ないのが特徴です。
痛みがあるとすれば着脱時の圧迫感や食事の際の咀嚼時の違和感を“痛み”と感じることくらいです。

Q:効果のほどは?

A:マウスピース矯正は、まず3Dシュミレーションソフトで治療計画を当院の矯正専門医が立てます。
患者様お一人お一人の治療前の歯並びを診て、治療途中から治療後の歯の動きを正確に予想していくものです。
これらのシミュレーション結果により、完全オーダーメイドの透明マウスピースができあがります。

マウスピース矯正とは、このオーダーメイド品を1日20〜22時間ほど装着していただき、治療の過程に合わせて新しいものと交換していく治療法です。

またメリットとして、1.5ヶ月〜2ヶ月ごとの通院となるので、通院回数が少ないこともあげられます。

マウスピースなどの矯正器具

Q:出っ歯にもいいの?

A:出っ歯(上顎前突)とは、上の前歯が通常よりも出ている状態のことをいい、見た目からコンプレックスを持つ方もいらっしゃいます。

出っ歯の原因として、歯の数や大きさに対して顎が小さい場合に入りきれなかった前歯が押し出されたり、口呼吸や、舌先で歯を前を押し出してしまう舌癖などが考えられます。

この出っ歯の症状にも、マウスピース矯正は効果的です。

出っ歯に金具の矯正器具を装着すると若干目立ってしまいますが、マウスピース矯正なら透明で目立ちにくいので、見た目も自然に矯正治療を進めていくことができます。

前歯が出たうさぎ

Q:デメリットはあるの?

A:大変メリットが多いマウスピース治療ですが、デメリットも若干あります。

  1. 装着の手間が少しかかる
  2. 外しっぱなしの時間が長いと治療期間が長引いてしまう
  3. 強い叢生(そうせい)・でこぼこ・乱ぐい歯には不向き

装着の手間については、時間がたって慣れてくれば容易に付け外しができるようになります。

また、外している時間の管理は注意する必要があります。
治療期間を少しでも短くしようと、患者様ご自身の判断で装着時間を長くしても、矯正の効果は発揮できません。
無理に長時間装着を続けると、かえって歯ぐきを傷めてしまいますので、必ず医師の指示に従いましょう。

子供の治療中

こちらのコラムも合わせてお読みください