矯正治療をしたにもかかわらず、歯並びがもとに戻ってしまうことを「後戻り」と言います。後戻りの程度が強い場合は、再度矯正治療が必要になることも。
今回のコラムでは、後戻りの原因と対策についてご説明します。

なぜ起こる?矯正治療の後戻り

治療後の保定期間が短い・不充分

インビザラインやワイヤーなどの矯正器具を外した後は、リテーナーと呼ばれる保定装置を1~3年程度つける必要があります
歯列矯正治療では、歯列、噛み合わせ、歯並びを安定させる「保定期間」を設けることが重要です。

付けるのがわずらわしいからと言って、自己判断でリテーナーを外してしまうと、後戻りする可能性が高くなってしまいます。
歯科医師から指示された保定期間は必ず守りましょう。

定期受診を怠った場合

歯列矯正治療と、保定期間が終わった後に「親知らず」が生えてしまい、他の歯を圧迫することで歯列を乱す場合もあります。

この場合、定期的に歯科受診していれば、適切な時期にかかりつけ歯科や口腔外科と連携を取って抜歯することで、後戻りを防げた可能性があります。

矯正治療終了後も、定期的に歯科を受診しましょう。

不正咬合の原因が残っている

矯正治療経験が浅い医師による治療や、カウンセリング不足で充分な治療を行なえなかった場合も、後戻りを引き起こすことがあります。

歯列矯正は、患者様一人一人の骨格や症状に沿った繊細な診断が必要です。
質が高く、後戻りしにくい矯正治療を受けるには、豊富な臨床例と実績を持つ「日本矯正歯科学会」の認定医・指導医・専門医による診察・治療をおすすめします。

関連記事

「日本矯正歯科学会」公認の専門医がいるアリビオ矯正歯科

矯正の後戻り対策

歯並びが悪い少年

保定装置(リテーナー)をしっかりつける

矯正歯科医師が指定した保定期間中は、保定装置(リテーナー)をしっかり装着することが大切です。
自己診断で外してしまわないよう、医師の指示期間を必ず守りましょう。

ちなみにリテーナーの種類には、取り外しが可能なベッグ、ホーレー、スプリング、クリアのほか、取り外しができないフィックスタイプのものなど、さまざまなものがあります。

歯列に悪影響のある生活習慣を見直す

知らず知らずのうちに、歯並びを乱す原因になる行動をとっているケースがあります。たとえば、

  • うつぶせ寝をしてしまう
  • 片側で噛む習慣がある
  • 口呼吸のクセがある
  • 頬杖をつくクセがある

といった、生活習慣です。

これらの習慣は自分では気づきにくいものです。意識してクセを直す必要があります。

定期的に歯科受診をする

整った歯列を保持するため、矯正治療後も歯科定期検診を受けましょう。

歯列矯正の後戻りを防ぐため、はじめから信頼できる技術を持った医師がいる矯正歯科を選ぶことも重要です。