歯並びを美しくする為にインプラント矯正などを行った場合は、普段よりも丁寧に歯磨きをすることをおすすめします。
矯正装置がある場合は歯磨きがしづらくなるため、注意をしないと歯周病や虫歯になってしまう可能性があるからです。
コツをおさえることで、歯科矯正中でもしっかりと歯ブラシを行うことが出来ます。

矯正中はなぜケアが難しいのか?

矯正中はワイヤーと装置が歯に24時間装着されている状態の為、ワイヤーの下や装置の周辺が特に汚れてしまいます。

その為、普段と同じ感覚で歯を磨いてしまうと、食べカスが残ってしまうことがあります。しっかり歯を磨くためにも、ワイヤーと装置の周辺を綺麗にケアする方法を知り、満足のいくケアをすることが大切です。

矯正中のケアに役立つアイテムの種類

矯正中は歯ブラシを使用することはもちろん、それ以外のアイテムも上手く活用することをおすすめいたします。例えば、歯ブラシには矯正用と呼ばれるものがあります。矯正用はスリムな形をしている為、一般の歯ブラシでは磨きにくい場所も綺麗に磨くことが出来ます。また、歯の隙間のブラッシングに適しているワンポイント歯ブラシや歯間ブラシなども矯正中のケアに役立ちますので、積極的に活用することが大切です。

矯正中の磨き方のコツ

歯ブラシ

矯正中の歯磨きは、歯ブラシを細かくゆするようにして磨きましょう。特にブラケットの歯肉側や正面、噛み合せ側、歯と歯肉の境目は、丁寧に磨くことが大切です。

ブラケットの歯肉側は、ブラケットやワイヤーの下に歯ブラシを潜り込ませるようにして磨き、正面の場合は、歯ブラシをブラケットの上から直角に当てて磨きます。ブラケットの噛み合せ側を磨く際は、ブラケットの噛み合せ側から歯ブラシに角度をつけて磨くことで、綺麗に磨くことができます。

そして歯と歯肉の境目を磨く際は、境目に当てて細かい動きで磨くことがポイントです。状況に応じて矯正用歯ブラシやワンポイント歯ブラシ、歯間ブラシなどを活用することで、より綺麗に磨くことが出来ます。

都筑区にある当医院では、矯正歯科・審美歯科(ホワイトニング・クリーニング)・顎口腔機能訓練などを診療内容としてご用意しております。
院長は矯正の認定医・指導医・専門医の資格を持っているため、クオリティの高い治療を求めている患者様のお役に立つことができます。
矯正はもちろんのこと、歯のケアに関するご質問にも対応いたしますので、お気軽にお越しください。

■関連記事
「日本矯正歯科学会」公認の専門医がいるアリビオ矯正歯科