赤ちゃんを授かれば、喜びと不安が入り混じった思いを経験するものです。歯列矯正をしている人の場合、「矯正治療をしていても大丈夫なのか」「治療は中断しなければならない?」など、気がかりに感じることもあるでしょう。
当医院では、「治療中の妊娠・出産は特に問題がない」というふうに患者様にお伝えしています。
今回は、矯正治療中に妊娠して出産することになった妊婦の患者様に向けて、治療を受けるうえで注意したいいくつかのポイントをまとめます。

妊娠中の歯列矯正治療について

妊娠中のX線(エックスせん)検査はNG

当医院では、妊娠中の患者様へのX線(エックスせん)撮影と検査は控えております。

X線撮影は、骨や歯の位置を確認して適切な治療を行う目的で、「治療開始時」「進捗確認」「治療終了」のタイミングで本来行なうのですが、「どうしてもこのタイミングでなければならない」という重要度がもっとも高い撮影は、治療開始時だけです。
それ以外のX線検査は、母体と胎児への影響を考慮し、出産後しばらくたってから行うようにいたします。

妊娠中の抜歯もNG

妊娠中の患者様の抜歯は原則として行っていません。
抜歯には、妊婦さんには使用を控えるべき抗生物質の服用が欠かせないからです。抜歯治療には麻酔と化膿止めのための抗生物質服用が必要になります。
歯列矯正治療における抜歯は緊急性が高くないため、必要な場合は出産後に行ないますが、条件が整えば妊娠安定期に行う場合もあります。

歯列矯正治療中の悪阻(つわり)・虫歯・歯周病について

歯列矯正中の悪阻(つわり)への対応法は?一時的に矯正を中断することも可能?

個人差はありますが、妊娠すると3〜4ヵ月目あたりから悪阻(つわり)がはじまります。車酔いのような吐き気と、めまいなどの体調不調が続くので、寝込んだり、食事ができず点滴を受けたりする人もいるでしょう。
人によっては診察中に吐き気をもよおしてしまうこともあるので、悪阻がひどい期間だけ治療をお休みするなどの調整も可能です。

一時的に治療を中断することがあっても、1〜2ヶ月の間であれば大きな問題はありません。それ以上の期間、治療を中断したい場合は、歯が予期しない方向に移動してしまうのを避けるため、必ず前もって医師に相談してください。

妊娠中の虫歯、歯周病にご注意を

妊娠中は、悪阻(つわり)をまぎらわすために食事回数が増えたり、歯ブラシや歯磨き粉で吐き気をもよおしたり、といったケースもあるので、歯磨きが不充分になりがちです。
その間、虫歯になりやすく、歯周病が進行することも多いので、口腔洗浄液(マウスウォッシュ)などを併用して、プラークコントロールには気を配りましょう。

出産後に治療を再開するタイミングは?

出産の直前は体調が安定しないものですし、出産後は赤ちゃんのお世話に手がかかるため、外出がままならないことも多く、しばらくは受診が難しいことでしょう。
長期に渡って受診が困難な場合は、矯正装置を最適なかたちに調整しますので、まずは矯正歯科医にスケジュールをご相談ください。

妊娠中も歯列矯正は安全に継続できる

歯列矯正中に妊娠が分かっても治療は続けられます。もちろん、つわりが非常に激しいなどのケースでは、一時、治療をおやすみすることもありえますが、基本的にはほとんどの方が治療を継続できています。今回ご紹介したポイントに気をつけていれば、お腹の赤ちゃんへの影響を心配する必要もありませんし、分娩時にも装置はつけたままで大丈夫です。

レントゲン撮影や抜歯などは妊娠中にはNGですが、これらを行う必要があるのは、おもに矯正治療をスタートしたばかりの段階です。妊娠がわかった後に歯列矯正を開始するケースは通常考えにくいと思うので、実際には、レントゲン撮影や抜歯ができないことが問題になることは少ないでしょう。

歯列矯正の治療には一般的に2〜3年という時間がかかるため、治療中に妊娠がわかる方も少なくありません。お腹の赤ちゃんのためにも過度に心配せず、リラックスして過ごしていただければと思います。