舌には正しい位置があることをみなさんはご存じでしょうか?
普段、舌がどこにあるのか意識している方は少ないでしょう。
しかし、舌が正しい位置にないと、歯並びをはじめとして、身体に悪影響を及ぼすことがあります。
今回は、正しい舌の位置と歯並び・健康との関係についてご紹介します。

画像でチェック!舌の正しい位置はどこ?

上顎の前歯の付け根から喉の奥の方に舌を滑らせていくと、わずかにへこんだ部分があることに気づくでしょう。これを「スポット」といいます。このスポットに舌を収めるようにし、舌全体を上顎側にくっつけた状態が正しい位置となります。舌の正しい位置の画像

舌の位置をスポットにキープできず、前歯を押し続けてしまったり、下顎側に付けて口を開けたままにしたりする癖を「舌癖(ぜつへき)」と言います。

舌の位置が正しくないと身体・歯並びにはどんな影響がある?

舌を正しい位置にキープできないと舌の筋力は衰え、その結果、体身にさまざまな悪影響をおよぼします。

口呼吸の傾向が強まり、病気にかかりやすくなる

舌の筋力が低下すると舌が重力に逆らえなくなり、口が開いた状態になりやすくなります。

その結果、口呼吸の傾向が強まり、呼吸と一緒に空気中に浮遊するウイルスや雑菌などを直接体内に取り込みやすくなってしまいます。

関連コラム

【お口ポカン撃退】子どもの口呼吸の原因と治し方

「口呼吸」と歯並びの密接な関係

食べる力が低下し、食が細くなってしまう

舌は食べるときの動きをスムーズにしてくれる役割があります。噛んだ食べ物をひとまとめにし、食べ物を喉に押し込んで飲み込むのを手伝ってくれるのです。
舌の力が低下すると食が細くなり、食欲や体力の低下にも繋がります。

滑舌が悪くなる

アナウンサーやナレーターなど、喋りの仕事に就いている人たちは、滑舌のトレーニングを定期的に行なっています。彼らのように言葉をはっきりと力強く発して人に聞き取ってもらえるようになるためには、滑舌練習による舌の筋力強化が必要不可欠です。

普通の生活を送るのにアナウンサー並みの滑舌強化は必要ありませんが、舌の筋力の衰えによって滑舌が著しく悪くなると、発音が聞き取りにくくなるので、周りとのコミュニケーションが難しくなってしまうことも考えられます。

歯並びが悪くなったり、歯列矯正の「後戻り」の原因にも

前歯をずっと押し続けるような舌癖があると、前歯は徐々に外に向かって動いてしまうので、開咬(奥歯が噛み合っていても、前歯が噛み合わず隙間ができる状態)になる可能性があります。

そのような舌癖が原因で歯並びが悪くなった場合、歯列矯正を行っても、歯が移動するスピードが遅かったり、せっかく動かした歯の「後戻り」がみられたりすることがあります。舌で押す力が働き続ける限り、歯並びが乱れてしまう可能性があるからです。

舌癖を治そう!舌の筋トレ「あいうべ体操」のすすめ

「舌の正しい位置」を守れば健康になれる?舌癖と歯並びの関係

舌癖を治し、舌を本来あるべき位置にキープするためには、「舌の筋トレ」をおすすめします。

それでは、ここで舌の筋トレの一種、「あいうべ体操」をご紹介します。

やり方はとても簡単です。「あ」「い」「う」と口を動かし、最後に「べー」と思い切り舌を出しましょう。これを朝昼晩10回ずつ繰り返します。

子どものときから正しい舌の位置を知って健康を保つため、この「あいうべ体操」は全国の保育園や小学校でも実施されているそうです。

舌癖とともに歯並びを見直そう

舌癖が原因で出っ歯や開咬になってしまった場合は、舌を正しい位置にキープするトレーニングとともに歯列の矯正治療を合わせて実施しましょう。

関連コラム

出っ歯に開咬…矯正治療をおすすめする悪い歯並び5種類