近年の顎咬合学では、1回噛むごとに3.5mlの血液が脳に送り込まれ、噛む運動によって脳の動きが活発になるということがわかっています。
また、「ガムを噛む」という行為には、集中力や記憶力がアップしたり、食欲を抑えられたり、さまざまなメリットがあります。

しかし「矯正治療中の歯にガムは良くないのでは?」と、不安に思う患者様もいるかもしれません。
そこで今回は「歯列矯正の治療中にガムを噛んでもいいのか」といった内容をお伝えします。

矯正治療中のガムについて

歯列矯正の治療中にガムを噛んでもいいのか?

歯列矯正中は器具をつけているので、人によっては十分な歯磨きができずに虫歯になりやすいケースもあります。そこでおすすめなのが、糖分を使用していない歯科専用のガムを噛むことです。ガムを噛むと唾液が分泌され、虫歯の原因となる酸の発生をある程度抑えてくれます。

また、ガムを噛むと口周りの筋力が鍛えられ、噛み合わせの改善を促進してくれる効果もあります。ポイントは、前後左右の歯で均等に噛むことです。歯の片側だけでガムを噛み続けると、噛み合わせが悪くなることもあるので注意しましょう。

矯正中に噛むなら「歯科専用キシリトールガム」がおすすめ

歯列矯正の治療中にガムを噛んでもいいのか?

糖分を含んだ甘いガムは虫歯の原因になりやすく、矯正器具にくっつきやすいという難点があります。
そこでおすすめなのが、「歯科専用」と但し書きされたキシリトールガムです。

歯科専用キシリトールガムの特徴1.虫歯になりにくい

「歯科専用キシリトールガム」の甘味成分は100%キシリトールで、ほかの甘味料は一切使われていません。
キシリトールは虫歯の原因となる酸の発生が極めて少なく、原因菌であるミュータンス菌の活動を抑制し、細菌のかたまりが歯に付着するのを防ぐ効果があります。

歯科専用キシリトールガムの特徴2.矯正器具につきにくい

「歯科専用キシリトールガム」は、矯正器具や歯に付着しにくい原材料を使用しているので、矯正中も安心して噛めます。

歯科専用キシリトールガムの特徴3.歯に良い成分を配合

リン酸カルシウムやフクロノリ抽出物(フノラン)など、歯の再石灰化に効果があるとされる成分を通常のガムよりも多く配合しています。

歯科専用ガムを噛んで口内環境を整えよう

歯列矯正中にガムを噛むときは、下記の2点を心がけるようにしましょう。

  • ガムは「歯科専用キシリトールガム」を選ぶ
  • 前後左右の歯で均等に噛む

歯列矯正中の患者様はぜひご参照ください。

歯列矯正中の口内ケアに関する関連記事

矯正治療中の食事について

歯列矯正とタバコの関係

矯正治療中の正しい歯みがき方法とは?