大人の歯列矯正治療が増えている昨今、「歯周病だけど矯正治療はできるの?」という相談を受ける機会が増えています。
当アリビオ矯正歯科クリニックでは、歯列矯正と歯周病治療は並行せず、矯正前にしっかり歯周病を治しておく必要があるというふうに答えています。
なぜ並行治療が難しいのか、その理由をご説明します。

まず、歯周病とは?

成人の8割が歯周病を患っていると言われています。
歯みがきの時に歯茎から血が出る軽い歯肉炎から、歯を支える歯槽骨が溶けてしまう歯槽膿漏まで、程度の差があるとはいえ、歯周病は国民病の一つと言えるでしょう。
歯周病の原因は、歯垢・歯石をしっかりと磨いて取り除く「プラークコントロール」が充分されていないことがほとんどです。

プラークコントロールの関連記事

プラークコントロールとは

歯周病の進行度

歯周病の犬

歯周病は自覚症状が出にくいため、歯茎に違和感をおぼえて受診したら、すでに中度歯周炎(歯周ポケット4〜5mmに至るほどの歯周炎)まで進行していた…などということも珍しくはありません。
歯周病の進行度は、歯と歯茎の隙間にある「歯周ポケット」の深さによって、以下のように診断されます。

  1. 3mm以下の炎症:歯周炎
  2. 4〜5mmの炎症:中度歯周炎
  3. 6mm以上の炎症:歯槽膿漏

歯周病の場合は歯列矯正前の治療が必須

歯列矯正をするには、健康な歯茎であることが必須です。
なぜなら歯列矯正の治療によって、歯周病を進行させてしまう恐れがあるからです。

歯列矯正治療は、歯全体に対して力をかけ、歯茎の中で歯を支えている「歯根膜」に対し、弱い炎症反応を起こすことで歯を動かします。
そのような人工的な炎症が歯周病を患っている箇所に及び、病状を悪化させてしまうことがあります。

また、矯正装置をつけることで歯みがきしにくい箇所ができ、十分なブラッシングができずに歯周病が進んでしまうこともあります。

歯科矯正治療の前には、しっかりと歯周病を治療しておきましょう。

歯科治療の説明

成人の歯列矯正はアリビオ矯正歯科へご相談ください

成人・シニアの歯列矯正は、健康な歯茎を持つ子どもよりも難易度が上がるので、高い技術と豊富な臨床例を持つ医師に相談した方が良いでしょう。

当アリビオ矯正歯科医院には、日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医がおり、60代の患者様を治療した実例もございます。

「日本矯正歯科学会」公認の専門医がいるアリビオ矯正歯科

大人の歯列矯正をお考えの方は、アリビオ歯科クリニックへぜひご相談ください。

当医院の最寄り駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインの「センター北駅」で、徒歩0分。
センター北駅へは、ブルーライン中川駅・グリーンライン北山田駅からなら、わずか2分。
ブルーライン仲町台駅・グリーンライン東山田駅からなら5分で到着するので、通院にとても便利です。

また「センター南駅」からも徒歩13分程度とアクセス良好!
中川駅、北山田駅、仲町台駅、東山田駅などの周辺駅で矯正歯科をお探しなら、アリビオ矯正歯科をぜひご検討くださいませ。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-2-2 ローバーセンター北3階
電話番号:045-489-4900